スウェーデンハウス北海道支社スウェーデンハウス北海道支社

オーナーズインタビュー

VOL.19.「札幌市内からスウェーデンヒルズへ」
Photo 当別町 N邸
プロフィール
ご主人 35 歳
奥様 29 歳
長女 2 歳
お母様 65 歳
データ
延床面積 160.14 m²(48.44 坪)
1F床面積 93.25 m²(28.20 坪)
2F床面積 66.89 m²(20.23 坪)
構 造 枠組壁工法
(木質系パネル工法)
2階建て
竣 工 2002 年 8 月

※オーナーのプロフィール・ご家族構成は取材時のものです。
※拡大画像はただ今準備中です。しばらくお待ちください。

マイホームを建てようと思ったきっかけは?

Photo 「それまで北区あいの里にそれぞれマンション住まいをしていたのですが、主人の母と同居することになったので家を建てようという話になりました」と話してくださったのは奥様。以前からスウェーデンハウスの建物が気に入っていたこともあり、ご夫婦が中心となって建築地の情報を収集していた。
実はお母様も20年前からスウェーデンハウスをご存じで、「亡くなった主人が勤めていた会社の保養所がスウェーデンヒルズにあり、何度も宿泊したんです。その当時からいい家だなあ、いい所だなあと思っていたんですが、ヒルズは住宅地ではなく別荘地だと思っていたので、息子たちにも話したことはなかったんです」とお母様。
当初考えていた江別市の土地は、敷地面積と防火基準の関係で、外壁を木造するという希望を実現出来ないことから断念。以前持ち帰ったスウェーデンハウスの分譲地リストに当別町のスウェーデンヒルズがあり、早速現地を訪問。「来てみると広さも価格も手頃で、スウェーデンヒルズに家を建てようと決めました」。かくして02年8月、新居への入居となった。

建てる際にこだわったこと

Photo 「もちろん外壁を木造にすること。ここなら隣家とのかねあいも十分なので希望が叶いました」とおっしゃるのはお母様。以前、喫茶店を経営していたこともあり、料理が大好き。キッチンを広々ととり、横に食品庫を設けた。Photo「漬け物も自分で作るので、外に物置を作ってもらいました。スウェーデンハウスは気密性が高い分寒いところがなくて、漬け物を保存しておく部屋がないんですよ(笑)。それと必ず付けたかったのがサウナです」。浴室横には二人用のサウナが設けられている。
ご主人の希望はリビングにロフトを作ることと暖炉、奥様は2階の寝室の天井を吹き上げにすること。「主人のロフトは実現したのですが、暖炉は却下。でも2階に書斎を作りました」と奥様。Photo寝室はいずれ仕切れるようにとドアもあらかじめ2カ所に用意されている。
「本当に何も不自由はありません。打ち合わせの時から希望を伝えると、設計の方がその場でササッと描いてくれたのでわかりやすかったですし、ここにドアを付けたいというようなことも、使い勝手を考えたらこちらの方が便利、などいろいろと提案もしてくれて。本当に大満足です」

暮らしはじめてから気が付いたこと

Photo 「以前はマンションだったので寒いことはなかったのですが、乾燥しすぎてしまって。それと北と南の部屋では結構温度差があったんです。この家はそういうことがありませんね。どの部屋も快適」と奥様。
「誕生日やクリスマスなど、家族全員が集まることも多いのですが、広々として開放的なので大勢集まっても大丈夫。子供たちは2階のロフトでお絵かきをしたり、時々主人も読書に活用していますよ」。
Photo気になる冬の生活をお聞きしたところ「当別町の除雪のほか、ヒルズの管理会社の除雪もあるので雪に困ることはありません。それといつも町内を巡回してくれるので、防犯面でも安心しています」と奥様。「でもあまり居心地が良くて仕事がはかどらないのよね(笑)」とお母様。
「朝もとってもキレイなの。ピンクやオレンジに空の色を変えながら昇ってくる光景は素晴らしいんですよ」。季節ごとに変わる辺りの景色に誘われ、散歩に出かけたり、窓の外を眺めたり……。マンションに住んでいたときより、ついついのんびりしてしまうのだそうだ。

これからどんなマイホームにしていきたいですか?

Photo 「いまのところ全く不満はないので、特にどこかを変えたいという予定はありません。強いていうなら主人の欲しい暖炉でしょうか」。当初希望していながら叶わなかった暖炉を「定年後」に作りたいとおっしゃっているとのこと。
「裏の林もまるで自分の土地のように見えるでしょ」とお母様。木立の向こうから野鳥も訪れるという。「以前、コンコンという音がするので気になって見たらキツツキが外壁をつついているんですよ。違うとわかったのか、まもなく飛んでいきましたけど(笑)」。野鳥のほか、リスやテンなどが姿を見せることもある、自然が豊かなヒルズでの生活を楽しんでいらっしゃるNさんご一家だ。

オーナーズインタビュー:バックナンバー

スウェーデンハウスを見る:メニュー

資料請求