スウェーデンハウス北海道支社スウェーデンハウス北海道支社

社員からのメッセージ

PHOTO プロフィール
氏 名 苫小牧担当菊池 靖幸
所 属 豊平展示場
星 座 てんびん座
出 身 岩見沢(苫小牧在住33年)

IMAGE 9月30日まで期間限定!  いつ見るの?夜でしょ(古):「土日仕事なので、なかなかモデルハウスに行けなんだよね。」
「仕事帰りにちょっと見に行けたら良いんだけど。」

そんなお声に出来る限りお答えします!
苫小牧拓勇モデルハウスは、営業日の夜間もご見学いただけるようになりました!!

☆今日、これから行ってみようか☆
⇒0144−57−2001(モデルハウス)

☆○○日の○時に行ってみようか☆
⇒090−7705−1141(高橋)
 090−5410−6157(菊池)

夜のモデルハウスはなかなか良いんです。
マイホームに居る時間って、実は夜も長いじゃないですか。
カーテンが閉まっていて、照明がついている雰囲気って、明るい時間とはまた全然違うんですよね。
かなりオススメなので、是非!!

もちろん予約無しでもご見学いただけますが、少人数で切り盛りしております為、時々不在の場合もございます。ご連絡いただけるとご迷惑をおかけしないかと思います。

苫小牧市拓勇東町3丁目18−43
<20時頃まで受付可能>
<火曜・水曜定休>
IMAGE H29 7/13(金) オーナー様訪問シリーズ Vol.21:長期予報で「暑い夏」とは聞いていましたが、結構7月初旬からハードな暑さの日々ですね、皆様体調は大丈夫ですか?

先日自分の担当ではないのですが、お邪魔する機会があった札幌市O様邸で、たくさんのダーラナホース(ダーラヘスト)に出会いました。こんなに多色のダーラナホースをそろえていらっしゃるご家庭は珍しく、またとてもきれいに飾られていたので、思わずパチッとさせていただきました。

ダーラナホースはスウェーデンの伝統的な工芸品。「幸せを運んでくれる馬」と言われています。
こちらのオーナー様もとても幸せそうなご家族で、こちらまで楽しい気分の一日。
また遊びにいきますね、そしてごちそうさまでした!


IMAGE H29 7/17(月) 昭和へGO:子供の頃「鉄っちゃん」でした。

小学校への通学途中に踏切があって(今は高架で無くなった江別市野幌駅横)、毎日踏切で汽車を見ていました。遠くに行った気分になれるのが好きで。
しまいには踏切のおじさんと仲良くなって、踏切小屋の中に入れてもらって見たり。今は無き昭和ならではのゆるさですね。

先日平取町にある鉄道記念館に行って来ました。
昭和61年に廃線になった駅の一部を使った施設です。その3年ほど前に中学校の宿泊研修で、一度だけこの駅に来たことがありました。

34年ぶりのこの場所には、昭和の匂いがいっぱいありました。
IMAGE H29 6/22(木) すごい確率でおめでとうございます!
「嵐を呼ぶ男」と言えば、石原裕次郎の有名な映画。嵐を呼ぶ●●って今でも普通に使いますけど、実はもう60年も前の映画なんですね。

実は私、仕事に限って言えばかなりの晴れ男。
入社以来95回の着工立会・地鎮祭に参列させていただきましたが、雨に当たったのは「わずかに3回」。
大して自慢できることが無い私ですが、これだけはちょっと自慢なんです。

先日登別で96回目の着工立会い・地鎮祭・・・雨でした・・・何年ぶりだろう。
でも逆にすごい確率なので、「Mさんやりましたね、当たりましたよっ!」
9月のご新居完成が楽しみですね。
IMAGE H29、6/26(月) 抜けるような青空に黄色いハンカチ:初夏の青空を追いかけているうちに、夕張の「幸福の黄色いハンカチ公園」まで来てしまいました。

実は去年の春も来ました⇒
冬期休業最終日
(明日からかよーっ!)

実は一昨年の春も来ました⇒
公園手前2キロのトンネルを超えるとそこは雪道だった。
(リアル川端康成かよーっ!)
チャリダーに雪道は似合わないので、泣きながらリターンしたあの日が懐かしい・・・

そして今年。
僕は学習しましたよ。
三度目の正直でやっとたどり着けた、喜びもひとしお。
それにしてもこの、青空と黄色いハンカチの鮮やかなコントラストは、どんなに高性能なアプリを駆使して写真を加工しても、生で見た風景を越えることは出来ませんね。

青地に黄色のラインはスウェーデン国旗を思わせて、ちょっと嬉しい。たぶんうちの社員はみんなそう思うはず(笑)

 
【一覧へ戻る】